にーとのかがみ。

沖縄に住んでるニートのようなフリーランスがレビューしたり食べ物やお酒のことを書いたりしてます。たまにカスタマイズ記事などもアップしてたり。Wordpressのテーマ紹介もやってます。

にーとのかがみ。

Pick Up Entry

一人暮らしを最高に楽しむために購入すべき5つの引きこもりグッズ紹介

f:id:bumpmania:20160905135905j:plain

どうも、沖縄在住ニートブロガーのケンヂ(@neetblogman)です。

みなさんは一人の時間って好きですか?

僕は言わずもがな大好きです。もし彼女が出来て結婚したとしても、一人の時間は絶対に確保したいと思っているくらいには好きだし、そもそも一人の時間がないと死ぬ。

それに、僕は一人の時間を最大限に楽しむための投資は惜しんでないので、凄く楽しい時間が過ごせているというわけです。

というわけで今日は、僕が引きこもりライフを200%楽しむ為に活用しているアイテムを5つ紹介しちゃいますので、一人の時間を充実させたいという方は是非参考にどうぞ!

スポンサーリンク

プレイステーション4

これは完全に個人的なチョイスなんですが、PS4は絶対に外せません( ˘ω˘)

ブルーレイも再生できるしゲームだってプレイできちゃう、そんな最高に素敵なアイテムですし、引きこもりの心強い味方となってくれます。

ぶっちゃけ、ネット回線さえ通っていればこれ一台でなんとでもなりますし、パソコンもいりません。(PS4でネットサーフィンも可能)

更にHuluやNetflixなどに登録しておけばPS4のアプリで番組を視聴することも出来ますし、PS4はもはやマルチプレイヤー。
(PS3を含めた以前のゲームが出来ないのはちと悲しいですが…)

しかもPS4は去年値下がりもしているので、だいぶ買いやすくなりましたね。かくいう僕もPS4が値下げした瞬間に買いましたw

僕がオススメするゲームは『Fallout4』と『ウィッチャー3』です、この2本をプレイすればオープンワールドの凄さがすぐにわかりますよ!

特にFalloutをプレイして、初めてオープンワールドの世界を堪能したときには軽く感動したね。

 

プロジェクター&スクリーン

引きこもりライフを充実させるために必要不可欠なアイテム、それはプロジェクターとスクリーン!

ゲームや映画鑑賞を超絶楽しむことができるようになるツールなのは勿論のこと、部屋にテレビが無い!という人でも簡単に大画面のモニターを手に入れることが出来るのでオススメ。

特にプロジェクターは、テレビとは違って場所を取らないため、ミニマリストの方にもオススメの一品です。

最近は省スペースかつ低価格なプロジェクターも登場しているので、初心者でも手を出しやすくなっているのが特徴。ただし、画質にこだわるという方は少々高めのプロジェクターを購入したほうが良いかも。

また、スクリーンに関しては、部屋の壁が白い人は購入しなくても十分楽しめるかと思います。

【ニートのオススメプロジェクター&スクリーン】

 

こちらは安価でありつつもゲームやDVD観賞用としてはかなり捗る一品。とりあえずAmazonでの評価が高めのやつを選んで購入したんですが、これは間違いありませんでした。

以前は10,000円程で購入したプロジェクターを持っていたんですが、文字が潰れたり暗かったりして微妙でしたが、これは1万円台のプロジェクターとしてはかなりコスパの高い商品ですね。

ただ、表記の通り明るさが本当に2,600ルーメンなのかどうかはよくわかりませんがw

少なくとも、1万円くらいで売られているプロジェクターよりは断然明るくて見やすいことは確か。

※ルーメン数とは光の量の単位の事で、数値が高ければ高い程明るい部屋でも見やすくなるという数値です。(ただし、会社によって測定方法は曖昧らしいので、探す際はレビューを参考にしたほうが良いかと)

 

次にオススメしたいのはこのスクリーン。

 

 

スクリーンは吊り下げ式にしよう(戒め)

 

僕は以前床置タイプのプロジェクタースクリーンを使用していたのですが、まぁ邪魔で邪魔で仕方がない。

一人暮らしの部屋は狭いし、片付けるのも面倒くさかったですね。

いちいち移動させるたびに『これでは快適な引きこもりライフを送れない…』と頭のなかで思い浮かべてしまったので、意を決して壁掛け式に買い換えることに。

そしたらね…

まぁ捗るよね。

壁にかけておくだけだから、いちいち片付ける必要もないし部屋も広く見えちゃうしもう最高。

今はそれほど興奮とか無いですが、初めてプロジェクターを使ったときなんて『まだ27インチモニターで消耗してるの?』とか思ったからね。あの頃が引きこもりライフを一番堪能していたかもしれない。

でも作業とかはやっぱりモニターでやったほうが良いからさ、モニターをdisるのはやめました( ˘ω˘)

Amazonでは結構80インチ~100インチくらいのスクリーンが出回ってますが、あまり大きすぎるとスペックを持て余す可能性があるので、とりあえず50~60インチを購入するのをオススメします。

ヘッドホン

当たり前のことですが、プロジェクターとスクリーンを用意するだけでは勿論のこと音声は流れませんよね。かと言ってスピーカーを購入するのも場所をとるのでちょっと……ってなるじゃないですか。

 

だからこそ僕はヘッドホンをオススメしたいッ!

 

ヘッドホンには有線と無線の二種類がありますが、個人的には無線のヘッドホンをオススメしますね。音質を求める方は有線を使ったほうが良いかもしれませんが、今は無線でも十分にいい音は出ます。

【ニートのオススメヘッドホン】

何故これがオススメなのかといいますと、PS4と簡単にBluetoothのペアリングが出来るからです。

現状では、殆どのBluetoothヘッドホンがPS4とのペアリングには対応しておらず、少しだけ手間が掛かっちゃうんですよ。

しかもペアリングするために必要な機材は購入に4,000円程掛かるので、ヘッドホンも新たに購入しようと考えている方は、恐らく僕が紹介しているヘッドホンを購入したほうがお得です。

既にBluetoothヘッドホンを持っている方は次項で紹介する方法を用いて接続すると良いかと。

ちなみに有線のヘッドホンであれば、コントローラーのイヤホンジャックに接続するだけで音声を聴く事が出来るので、ある意味これが一番楽かもしれません。

でも、ワイヤレスに馴染んでいる人は線がそこにあること自体不快に思うはずなので、ちょっと値は張っても無線環境を整えたいところですよねw

ヘッドホンを接続したけど音楽が流れてこないという場合は 設定→周辺機器→オーディオ機器→ヘッドホンへの出力→すべての音声 を選択すれば聞こえるようになります。

PS4に対応していないBluetoothヘッドホンを接続する方法

PS4のBluetoothペアリングに対応していないヘッドホンを使用するためには、Creative PS4 BT-W2というアイテムが必要です。
(そもそも対応してないっていう時点でおかしいんですけどね、これがSONYクオリティ( ˘ω˘))

これを使えば、PS4の接続に対応していないBluetoothヘッドホンでも接続できるようになります。

何故これをオススメするのかというと、この商品がオーディオ機器に特化したものであるため、他のUSB機器との相性を気にせず使えるという利点があるからです。

つまり、接続してもよほどのことがない限りエラーが出ないってこと。機械音痴には嬉しい( ˘ω˘)

コーヒーメーカー

一人の時間を楽しむには美味しい飲み物は必須!

僕は一人の時間にお酒orコーヒーを飲みながらネットサーフィンをするのが好きなので、コーヒーメーカーは欠かせない存在。

普通のコーヒーメーカーでも良いんですが、個人的にはこの商品をおすすめしたい所。

 

はい、皆さんご存知ドルチェグストです。

ドルチェグストは普通のコーヒーメーカーと違い、独自規格のカプセルをセットしてコーヒーを抽出します。

何故僕がドルチェグストをおすすめするのかというと、カフェラテやカプチーノを始めとした様々な飲み物をドルチェグスト一台で作れてしまうから。

勿論、専用のカプセルは購入しなければなりませんが、それでも1杯数十円で飲めるというのは非常にお得感があります。抹茶ラテなど一部の商品は1杯120円程する物もありますが、それでもこの値段で飲めるのはお得でしょう。スタバとかに行くとこれの3倍以上は取られますし。

ちなみに僕のおすすめはリッチブレンドチョコチーノです。

クッション

周りの環境は揃った……。

 

 

後は快適さを求めるだけだッ!!!

 

というわけで最高のクッションをオススメするぜ!!

無印良品が人をダメにするソファと銘打って出していた奴のパ◯モン的な感じ……なんですが、凄く座り心地が良いです。

Lサイズを買うか迷った末のXLサイズ(大は小を兼ねる)だったのですが、買って正解。これで何度寝落ちしたかわからない(^q^)

引きこもりライフに拍車をかける一品であることは間違いないですね。ちなみに、ビーズをパンパンに補充するとオットマンとしても利用することが出来るのでオススメ。

ちなみに僕は超ダラダラする時はこのクッションを使ってますが、作業する時はイトーキのスピーナチェアという椅子に座って作業しています。

めっちゃオサレなんでみんなも買おう(高いけど( ˘ω˘))

まとめ

さぁ、これで君も立派な引きこもりだッ!!なんなら会社に行くのもやめてニートになってもいいんだよ?

さて、僕はこれからシュタインズゲートをイチから見直すという作業があるので失礼させていただくよ。

おわりっ!

スポンサーリンク