にーとのかがみ。

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

にーとのかがみ。

沖縄在住のニートブロガーが沖縄のニートで頂点を取るべく書き綴るブログです。

にーとのかがみ。

Pick Up Entry

【Wordpress】海外のテーマを使用してサイト制作をする際に気をつけたいこと

【Wordpress】海外のテーマを使用してサイト制作をする際に気をつけたいこと

どうも、確定申告も終わって一安心なケンヂです。今年こそ働きたくない。

僕は仕事柄、wordpressを使ってサイトを構築することがあるんですが、たまに海外の無料テーマを使って構築しています。

だって、日本のイケてるテーマは大抵有料だし、有料じゃない奴はビジネス向きじゃなかったりするので使いづらいんですよ…( ˘ω˘)

有料買えばいいじゃんって思う方もいらっしゃるかもしれませんが、有料テーマに使うお金があるくらい儲けが出れば良いんですけどね、そんなにお金をくれる人は少ないんですよ、はい(^q^)

海外のテーマってクオリティも高いし、テーマによっては非常に汎用性・カスタマイズ性の高いテーマもあるので無視できません。

しかも海外テーマはスマホのレイアウトがカッコいいものも多いので、国内の他サイト(ブログ)と差別化出来るのは大きな魅力。

ただ、海外のテーマを使うときはちょっとばかし面倒くさいことになったりすることもあるんです…。

というわけで今日は、その点について語っていこうと思うよ!

欠陥だらけかも知れないという可能性

国内のwordpressテーマもそうだと思いますが、実際に使ってみるとバグが多くて使いものにならないことがあります。

例えば、いつも使っているプラグインを導入しようとしたらコンフリクトを起こして使えなくなったり、推奨されているレイアウト以外のカスタマイズをしようとするとめちゃくちゃ崩れてしまい、ゼロから作ったほうが早いというレベルのテーマがあったり、結構厄介なテーマが多いです。

初めて使う海外のテーマは、事前に必ずバグやレイアウト崩れのチェックをしておかないと、完成した後に厄介なバグに見舞われて泣きを見ることになるので注意しましょう。

スポンサーリンク

英語がわからないと仕様を理解しづらい

そもそも、海外のwordpressテーマはメニュー等が全て英語なので、使いこなすにはちょっと努力が必要です。

海外のテーマを紹介しているサイトやブログは沢山ありますが、細かい使い方を説明しているところは殆ど無いので、使いこなすにはとにかく触ってみるしかありません。

まぁ、英語が全然わからなくてもGoogle翻訳をフル活用すれば何とかわかるものなので、大抵何とかなります。

根気さえあればw

それに、海外のテーマは動画で使い方を説明している場合も多いので、使いたいテーマが出来た時はyoutubeなどで調べてみると案外レクチャー動画が出てくるかも。

デモサイトの出来に騙されるな

海外のwordpressテーマって、とにかくデモサイトの出来が良い!!いや、冗談抜きで。

でもあら不思議!テキストが英語から日本語になったりサイトに使うモデルさんが日本人になった瞬間凄まじい勢いでダサくなります。

モデルや写真に関しては仕方ないにしても、テキストが違うことによるデザイン性の違いというのは顕著に現れ、デモサイトと同じように作ったつもりが『あれ、何このコレジャナイ感……』ってなることは日常茶飯事。

そうならないためにも、デモサイトを確認する際にサイトのキャプチャーを撮り、実際に写真を当て込んで出来上がりを想定してみましょう。

この工程を挟むことで、出来上がった時の『コレジャナイ!』という悲劇を生み出さずにすみます。

とにかく実際に使ってみること

どのテーマにもいえることですが、やっぱり実際に使ってみることがとても大切です。

それに、汎用性の高いテーマを1つ使いこなせればサイト制作の効率とバリエーションが一気に増えるので、とりあえずどれか1つ『コイツの使い方なら誰にも負けねぇ!!』っていえるようなテーマを見つけておけば何とかなるよ!

そういったテーマを一つでも持っていると、制作の速度もアップするのでオススメです。
(ただ、ブロガーやアフィリエイターの方はあまり気にしなくて良いところかもw)

まとめ

最近ではデザイン性もカスタマイズ性も高いWordpressテーマも色々と出ていますが、他の人と被りたくない!!と思っている人はとりあえず海外製のWordpressテーマを探してみると幸せになれると思いますよ。

ちなみに海外のテーマは漁っているだけで楽しくなるので、目移りのしすぎに注意ですw

おわりっ!

※下記のページで僕がオススメしているテーマを見ることも出来るので、良かったら参考にどうぞ。