にーとのかがみ。

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

にーとのかがみ。

沖縄在住のニートブロガーが沖縄のニートで頂点を取るべく書き綴るブログです。

にーとのかがみ。

水樹奈々のライブに初参戦した僕が200%楽しむために知っておきたかったこと

ブログ 趣味

水樹奈々のライブに初参戦した僕が200%楽しむために知っておきたかったこと

はわわ!どうも僕です。ちょっとテンションがおかしいのは全て水樹奈々のせい。

先日、知人に誘われて水樹奈々のライブ【NANA MIZUKI LIVE ZIPANGU 2017】の沖縄公演を見に行ってきました。

それでまずは一言いいたい。

 

水樹奈々最高かよ。

 

あまりライブに行ったことのない僕は結構緊張していましたが、ライブが始まると自然と楽しむことが出来たし、最後あたりは『奈々ちゃーん!!』って叫びたくなりました(叫んではいない)

そもそも僕は、水樹奈々の熱狂的なファンでもないし、知っている曲も少なかったため最初は断ろうと思いつつ、二つ返事で了承したのですが、行ってみたらめっちゃいいライブだったし曲も良かったし演出も良かったので凄く良かったです(語彙力の崩壊)

ただ、1つだけ後悔しているがありまして…( ˘ω˘)

事前に様々な知識を蓄えていたらもっと楽しめたんじゃないかと思うんですよ。

曲の予習もそうですが、事前の心構えとか装備品が僕には足りませんでした。ネットで動画を見たり調べたりしましたが、細かい情報を書いている所があまりなかったんですよ。

でね、僕は考えました。『ライブ初参戦者にもっと楽しんでもらうための情報を詰め込もう』と。

というわけで今回は水樹奈々のライブに初参戦する人が200%楽しむために知っておくべきことを書いていくよ!

初参戦者は最低限の装備を整えよう

水樹奈々のライブを全力全開で楽しむためにはまず、下記の装備品を調達する必要があります。

【装備品一覧】
(※印は必須アイテムです)

  • 飲み物
  • タオル
  • ペンライト(サイリウム)
  • カバン
  • ライブTシャツ

飲み物は絶対必須

まず、ライブに絶対持っていくべきアイテムは飲み物!喉が渇くと歌が唄いづらくなるし、熱中症の恐れもあるので注意。ライブ会場によっては飲み物を売っているところもありますが、僕が今回参加したライブでは販売していませんでした。

その為、出来れば近くのスーパーやコンビニなどで飲み物を事前に調達しておくことをオススメします。

僕は1本だけしか買いませんでしたが、周りの人は500mlペットボトルを2~3本持っていました。僕も次回は複数本調達していきます。

スポンサーリンク

タオル曲が流れる事を想定して1枚は持っておこう

タオル曲…?(゚Д゚)

なんていわれてもピンとこないだろうと思いますが、ライブ曲の中にはみんなでタオルを振り回す楽曲があるんですよ。

タオルじゃなくてサイリウムでも代用できますが、ライブを楽しむのならここはしっかりライブグッズ売り場で販売されているタオルを使っちゃいましょう。

ちなみに2回以上ライブに参加していて、タオルも既に持っているということであれば新たに購入する必要はないです。

ライブ会場で販売されているマフラータオルって結構お高いし、毎回購入するのは大変ですし( ˘ω˘)

むしろ以前ライブ会場で購入したタオルや他のグッズを持っていると、他のファンと会話のネタになる模様w
(一緒にライブに行った知人はその流れで隣の人と仲良くなってました、ついて行けなかったぜ…!)

ペンライト(サイリウム)は事前に購入しておこう

今回ライブに参加して失敗したと思ったのがペンライト。

事前にネットで調べたときには『青一色で十分』とか『オレンジなども使いますが青あれば大丈夫です』なんて書かれていましたが、騙されてはいけない。

ライブに参加している人の99%は全色持ってる(震え声)

今回のライブでは少なくとも【青・赤・オレンジ・ピンク】の4色が使われていました、人によっては白やら緑を点灯させている人がいましたが、そこはあまり気にしなくても良いはず。

ちなみに、ライブのグッズ売り場にもペンライトが売られているんですが、これは青色一色のみのタイプとなるため、これだけに頼るとちょっと置いてけぼり感を味わうことになります。(僕は味わいました)

別にね、青一色でもライブは楽しめますよ、でも絶対『くっそー、俺もピンクガンガン振りてー!!』ってなるからやっぱりペンライトは買っておいたほうが良いと思う。

あと、これは任意ですがペンライトは2本持っておいたほうが良いと思います。

両手で振って楽しむという意味合いもありますが、別々の色を指定しておけば曲に合わせてすぐ取り出すことが出来るので。

ライブ動画で予習しよう

真面目な話、youtubeに上がっている動画をいくつか見ておいたほうが良いです。

普通のバンドのライブとは違って、ちょっとした振り付けやジャンプする場所などがあるので、事前にイメージしておくといざライブに参加した時に面を喰らわなくて済みますw

 

www.youtube.com

 

この動画とか見るとわかると思いますが、よく訓練されたファンたちですよこれは…( ˘ω˘)

動画みたいにジャンプする所とか体に染み込んでたら200%どころか300%くらいライブを楽しめるんだろうなって思います。

多分、1回だけじゃなくて、何度も足を運ぶことによって面白さが増すみたいな。

ペンライトの振り方は周りに合わせればOK

動画を見てペンライトの振り方を勉強するのもいいですが、すべての曲に特有の振り付けがあるわけでもないので、基本的には周りの人に合わせて動いておけば問題ないです。

それに、ちょっと暗いタイミングがズレたって周りの人は気にしないのでガンガン振っていきましょう。

僕も最初は恥ずかしさがありましたが、後半あたりはイェェーイ!!って感じでめっちゃ振ってました( ˘ω˘)

スポンサーリンク

猛者達のペンライトを振る姿を観察してわかった傾向

ライブの最中に周りを見渡して色々と観察していたんですが、みんな凄いですね、思い思いの形でライブを楽しんでいるというか、自分を目一杯だしてて輝いてましたよ。

で、ですね。観察していると幾つかのカテゴリに分類出来るような気がしたので勝手に分類してみたいと思います、あなたはどのタイプを目指す?(‘ω‘ )

スタンダード

一般的なスタイル。振るところではガンガン振るし純粋にライブを楽しむオーラ全開のスタイル。

というか何も考えていなければ基本的にこのスタイルになるし僕もこれ。

コンパクト

振りがコンパクトだけど手のブレなどもなく傍から見てても綺麗なスタイル。

手を大きく上げることもなければ大きく手を振ることもないが常に動きがキチッとしていてまとまっている。

体力の消費を抑えたい方にはこのスタイルをオススメ。
(2人並んでコンパクトな振り方をしている人がいたけどタイミングとかが整っていて見ていて綺麗だったなぁ)

ヲタ芸寄り

ヲタ芸のことを細かく知っているわけではありませんが、なんかそんな感じの振り付けを踊ってる人がいました。

凄い運動量だなぁとは思いつつも、動くことに集中しすぎてライブを楽しめてるのかな…なんて思ったのは内緒。

多分踊りながらライブを楽しむことが出来る熟練者なんだろうと思う。

ウルヴァリン

ペンライト4本を指に挟んで大きく腕を振る人も何人かいました。

めっちゃ明るいし目立つので目立ちたがり屋さんにはオススメのスタイルかも知れない。

でもライブによっては明るすぎるライトが禁止されていたりする場合もあるので、注意されても文句はいえませんぜ( ˘ω˘)

しっかしあの白いライトのウルヴァリンはとにかく明るかったなぁ。

演者

 

こいつぁ簡単に真似出来ないぜ(; ・`д・´)

 

何というか、自分も舞台に立っているというような感じで手を交差させたり伸ばしたりして踊る人。

その姿たるや完全に水樹奈々と一体化していると言っても過言ではない。

僕の2つ隣りにいた人がそんな感じでしたね、女性の方でしたが、ペンライトも持たず全力で踊ってました。
(とはいえ指定席なので足を動かしたりとかいうことは無かったです)

ちなみに前の方にいた男性も演者タイプの方なのだと思いますが、めちゃくちゃキレッキレだったなぁ。

彼は指定席ではなく通路の方で踊っていたので怒られるかと思ったんですが、一歩間違えたら怒られている案件だったのでは( ˘ω˘)

きっと彼もまた、水樹奈々なのだろう。

ライブに初参戦した率直な感想

別に読んでも参考にはならないので後ろに持ってきましたが、感想を書かせていただきます。

なんかね、参加できて良かったっていうのがまず1点。

どうやら今回のライブですが、水樹奈々としては初の沖縄ライブだったらしく、本人も周りのファンも結構興奮してました。

そういうちょっとした記念すべきライブに立ち会えたというのは凄く光栄だし、なんだか嬉しくなりましたね。

話は変わりますが、水樹奈々って本当にプロ意識高い人ですね。

本人の話し方もそうですが、声優の持ち味をふんだんに使った抑揚のある感情表現が見ていて面白いし、引き込まれます。

あとは、どこぞのアイドルグループとは違って声量も半端じゃないし、CDに近い声が生で聴けるのは非常に尊い…。

このライブに参戦することで、漏れること無く僕も水樹奈々のファンになってしまいました。

ライブって、CDから聴こえる音だけじゃわからない人間性を垣間見ることが出来るイベントなんだなとあらためて実感。

流石に全公演に追っかけで行くということはしませんが、また沖縄に来ることがあれば、絶対ライブを観に行きます。

【今回の戦利品】

f:id:bumpmania:20170306003525j:plain

 

f:id:bumpmania:20170306003548j:plain

 

入場する時に配られたパンフレットにステッカーが2枚入ってました。知人のは1枚しか入ってなかったので、恐らくあたりを引いたのかもしれない。ラッキー!

まとめ

今回のライブで一番面白かったトーク内容は『最近孤独死について考えるようになったので、先輩の林原めぐみさんに相談した』という内容でした。

年令を重ねるということは、必ずしも悪いことではなくて、こんな話題で笑いを取りにいけるというメリットがあるんですね(すっとぼけ)

こういうネタを気軽に披露することが出来るというのも、大きな魅力なのでしょう。

というわけで、近々CDを漁ろうと思います( ˘ω˘)

おわりっ!