にーとのかがみ。

沖縄に住んでるニートのようなフリーランスがレビューしたり食べ物やお酒のことを書いたりしてます。たまにカスタマイズ記事などもアップしてたり。Wordpressのテーマ紹介もやってます。

にーとのかがみ。

Pick Up Entry

【腰痛】ぎっくり腰の常連がスタンディングデスクを1年使った感想

【腰痛】ぎっくり腰の常連がスタンディングデスクを1年使った感想

どうも、ケンヂです。

突然ですが僕、年に2回はぎっくり腰になる程度のスーパー腰痛持ちなのですが、実はここ半年以上ぎっくり腰になってなければ酷い腰痛に悩まされることもなくなりました。

特に何をしたから腰痛が無くなったということはないのですが、ただひとつ思い当たる事があるとすれば、スタンディングデスクを活用するようになったからかもしれません。

あくまでも個人の感想なのですが、慢性的な腰痛持ちの僕が腰の痛みをあまり気にしなくなりました。健康って良いね!

というわけで今回はスタンディングデスクの使い心地や実際に使い続けた感想について書いていきますので、購入を考えている方は参考にして頂けると嬉しいです。

マジでぎっくり腰がなくなった

但し若干の腰痛にはなる(真顔)

とはいえ、腰痛になるのは力作業をした時などだけで、デスクに座って作業しているだけでは全くといっていいほど腰痛になる気配がありません。

腰痛の原因は間違いなく座る姿勢の悪さが関係しているのは間違いないのですが、特に座る姿勢を変えたということもないんです(褒められることではない)

座る姿勢は変わっていないのに腰痛にならなくなったのは、単純にスタンディングデスクを活用することにより腰への負担が分散されたからだと思います。

スタンディングデスクの使い心地

僕は現在、loctek(ロックテック)のF3Wというスタンディングデスクを愛用しているのですが、これはマジで使い心地が良い。

卓上に設置するタイプのスタンディングデスクなので既にある机に設置することが出来ますし、レバーひとつでデスクの高さを自由に調整できるのが最高に便利です。

今あるデスクとは別で購入する必要なく導入することが可能なので、デスクを買い換える必要が無いのも魅力。

間違いなく末永く活用できるデスクです。

loctek F3Wについてのレビュー記事も書いていますので、参考にどうぞ。

スタンディングデスクとして使う頻度

腰痛がなくなったってことはスタンディングデスクを使う時間が長いんじゃないの?と思う方もいるでしょう。

実際のところはどうかというと、立って作業する時間はそれほど長くありませんし、毎日というわけでもありません。

頻度でいうと2〜3日に1回、3時間程度立って作業するだけです。あまり長時間立って作業をすると足がつかれますし、これくらいがちょうどいいかなと。

無理に使い続けようとすると逆に続かなくなってしまいますから。

立って作業する行為を適度に習慣化させられればベストです。

立って作業すると良い気分転換になる

作業中に眠くなったり良い案が浮かばなくて作業が滞ってしまうこと、皆さんも経験があるはず。

そんな時に立って作業をするといい気分転換になります。

ちなみに、立って作業する時に青竹を踏むと何となく健康に効く気がしているので活用しているのですが、毎回クッソ痛いので3分以上は踏めないです…( ˘ω˘)

とはいえ、正直青竹ってなかなか買わないよねw(僕は親の部屋にあったのを拝借した)

姿勢にかかわらず座り過ぎは良くない(立ち過ぎも☓)

月並みな感想で申し訳ないのだけれど、姿勢にかかわらず座りすぎるのってやっぱり良くないなと実感しました。

僕は普段からゲーム・アニメ・ネットサーフィン・パソコンを使った作業しかしていないため、他の人よりも机にかじりつく時間が長いです。

だからこそ腰痛はほぼ職業病なのだけど、日常の中に少しだけ立ち作業をする時間を作るだけでぎっくり腰どころか腰痛も改善されてしまったので、正直自分でも驚きました。

とはいえずっと立って作業するのはすごく疲れるし、多分体にいいってわけでもないから座りと立ちの割合は8:2くらいがベストかなと個人的には思っています。

まぁ何が言いたいかというとね、スタンディングデスクは良いぞってことですわ。買おう、な?(猪突)

 

 

お金がないけどスタンディングデスクはほしいって人にはこの記事もおすすめだよ!

www.tairakenji.com

おまけ:立ち飲みしながらプレイするゲームは最高

僕は夜な夜な仲の良いブロガー(ニート)仲間と通話しながらスプラトゥーン2を嗜んでいるのですが、その際に立ちながらゲームをプレイしていたりします。

座りながらゲームすれば良いじゃんって思いますよね?でもスプラトゥーンは立ってプレイするとまた面白いんだこれが。

全身を使ってゲームをしている感じを味わうことが出来ますし、更にそこでお酒を飲みながら会話に華を咲かせることで最高に楽しい時間を味わうことができちゃいます。
(但しお酒が早く回っちゃうのでペース配分は気をつけるべし)

僕と一緒にスプラトゥーンをプレイしたいという方はTwitterなどでそっと絡んできてね( ◜ω◝ )

おわりっ!

スポンサーリンク