にーとのかがみ。

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

にーとのかがみ。

沖縄在住のニートブロガーが沖縄のニートで頂点を取るべく書き綴るブログです。

にーとのかがみ。

Pick Up Entry

【SEO】Googleのモバイルファーストインデックスで一番困るのは誰か考えてみた

f:id:bumpmania:20161018145659j:plain

どうも、沖縄在住ニートブロガーのケンヂ(@neetblogman)です。

最近全くといっていいほどSEOについて調べてなかった僕ですが、どうやらGoogleが結構大きめの告知をしたようですね。

www.suzukikenichi.com

モバイルファーストインデックスかー、僕としては遂に来たか……といった感じ。

多分SEOをかじったことがない人からすれば何のことを言っているのかわからないと思うので、ちょっとわかりやすく説明していこうと思うよーぃ。

※SEOについてよくわかんねー()ってひとはこちらを参考にどうぞ。
uchina-souko.com

スポンサーリンク

モバイルファーストインデックスを簡単に説明すると

こんな感じ。

 

f:id:bumpmania:20161018105927j:plain

 

従来(現在)は【PC向けページがちゃんと作り込まれていることが前提】【モバイル対応(レスポンシブorユーザーエージェント振り分け)】されていると更に加点されるという方式なんですよ。

PC向けページの評価が高いとモバイル検索でも上位表示されるってことなんですが、今回モバイルファーストインデックスへ対応していくということで下図のような状態になっていくと見られています。

 

f:id:bumpmania:20161018110256j:plain

 

ネットで色々情報が飛び交っているので完璧に正しい情報かといわれるとちょっと自信ないですが、大体合ってると思います。

モバイルとPCのインデックスを分けるかも…?という話も飛び交っているようですが、それはないんじゃないかなぁ。

元々GoogleはモバイルとPCのインデックスを分けていて、試行錯誤を重ねた結果現在のように検索結果を統合したわけだし、今更別々に分けるのはGoogleの目指しているところではない気がする。

一番困るのは絶対にサイト制作業者

モバイルファーストインデックスが導入されることによって一番困るのって誰かな―ってずっと考えてたんですが、確実に困るのはサイト制作業者ですねw

今だからこそレスポンシブデザインのサイトが流行っていて、1つのHTMLソースで様々なデバイスに対応できるようになりましたが、レスポンシブデザインのサイトが流行る前はモバイル用のデザインのページを別フォルダに用意して、ユーザーエージェントを指定してPCページ・モバイルページへの振り分けを行っていました。

その時に作られたサイトというのは、PCページの内容を全てモバイルページにデータを移すのではなく、文字量やページを削ってモバイルページに移行するという会社も多かったんです。 (コスト面の話とかの話になってくるんですが、今考えれば結構あり得ない(^q^))

モバイルファーストインデックスが適用されると、クローラー(検索エンジンのロボット)の判断としては【PC向けページとモバイルページのコンテンツ量違うじゃんw低評価したろwww】ってなっちゃうわけで、ほぼ確実に検索順位が下がるだろうなー。

もうね、そういったサイト制作業者に送れる言葉は一つしかありません。

 

 

 

f:id:bumpmania:20161018120644p:plain

 

 

 

心当たりのあるサイト制作業者はクレームの嵐が来る前に対策しましょうね(^q^)

スポンサーリンク

ブロガーが大打撃を受けることはなさそう

ブロガー界隈でもこのニュースについて敏感に反応している人がいるようですが、ブロガーにはあまり関係のないアップデートじゃないかな。

はてなブログを始めとしたブログシステムを使っているのであれば、基本的にモバイルフレンドリーになっているはずだし、WordPressを使っている人もレスポンシブデザインのテーマを使っていることが殆どのはずですから。

ただ、古いテーマを使っている人などはスマートフォンの表示に対応していないかのせいもあるので注意したほうが良さそうです。

モバイルフレンドリーかどうかを調べたい人は下記のサイトを利用して調べてみましょう。自分のサイトURLを貼り付けるだけで簡単に調べられます。

Mobile-Friendly Test

ブロガーが気をつけるべきこと

ブロガーがモバイルファーストインデックスについて気にしなくても良いということは前項で書きましたが、全く気にしなくてもいいというわけではありません。

出来るだけ【ページの表示速度】を改善するように心掛けましょう。

Googleは過去にページの表示速度も評価対象であると公言しているため、スマートフォンでの表示速度が遅いと順位が下がってしまう可能性が今後は十分にありえます。

特に気をつけてほしいのは

 

広告の貼りすぎ

 

ですね。

例えばアドセンスの広告数の制限が最近解除されたことにともない、調子に乗って広告を貼りまくっている人が居ると思いますが、広告を貼りすぎると読み込みに時間が掛かるためページの表示速度が重くなります。

それが原因で検索順位が下がってしまう恐れが今後は出てくるかもしれないんです。

 

いやー、怖いですね(^q^)

 

とりあえず、自サイトの表示速度は下記ツールで調べることが出来るので、気になる方は是非チェック!

こちらも自サイトのURLを貼り付けるだけで調べることが出来ます。

 

PageSpeed Insights

 

どちらも50点以下だと改善したほうが良いかもしれないです。

まとめ

SEOっていつの時代もそうですが、ユーザビリティやアクセシビリティを考えて作っていれば別に怖がることはないんですよ。

確かにちょっとしたテクニックはありますが、それが凄く重要な事かと言われると、そんなことはないし。

とはいえ、モバイルファーストインデックスは結構大きな転換期になりそうなので、今後も目を離せないですね!

僕も意識して情報を追ってみたいと思います。

おわりっ!

⇓僕がブロガーにオススメしたいSEO教本⇓

沈黙のWebライティング ?Webマーケッター ボーンの激闘?〈SEOのためのライティング教本〉

沈黙のWebライティング ?Webマーケッター ボーンの激闘?〈SEOのためのライティング教本〉

10年つかえるSEOの基本

10年つかえるSEOの基本