にーとのかがみ。

沖縄に住んでるニートのようなフリーランスがレビューしたり食べ物やお酒のことを書いたりしてます。たまにカスタマイズ記事などもアップしてたり。Wordpressのテーマ紹介もやってます。

にーとのかがみ。

Pick Up Entry

ブログのネタは溜め込みすぎると腐る

f:id:bumpmania:20161031215125j:plain

どうも、沖縄在住ニートブロガーのケンヂ(@neetblogman)です。

ブロガーのみんな!毎日記事のネタ探しに奔走しているみんなだと思うけど、ブログネタを溜めすぎてはいないかい!?

いやぁ、かくいう僕はブログのネタを溜めすぎて腐らせちゃったクチさ!!

ちなみに最近腐らせちゃった記事が【【ピコ太郎】アッポーペンの人が海外でも人気な件www】っていうタイトルなんだけどね、多分ブログネタを思いついた時に書いていれば多少は検索流入とかあったと思うんだけど、今書いた所で完全にオワコンだよね、ハハッw

というわけで今日はブログネタには鮮度があるって話を紹介していこうと思うよ!(‘ω‘ )

ブログネタにも鮮度がある!

ブログのネタを意識的に溜め込むようになってわかったことなんだけど、ネタは本当に腐る。寿司ネタのごとく腐る。

『あ、これ記事にできそうだな~』って思って下書きに書き残している記事が既に40ネタくらいあるんだけど、一番下の方になると

 

何のことについて書けば良いのかわからない…( ˘ω˘)

 

例えば、僕のブログネタの最下層に眠っているこの記事【沖縄に山はないと、いつから錯覚していた?】

…うん、まぁ山は確かにあるんだけど、どういう風に内容を展開させれば良いんだっけ…?ってなるよね。

多分あの時の自分には『記事をどう膨らませて展開していくか』という構想はあったのだろうけど、時間が経ち、熱が冷めるのと同時にネタも腐ってしまいました。

ただ、ある意味タイムカプセルみたいな面白さはありますよ、僕の場合は『コイツ頭おかしいんじゃねぇかな…』ってなるブログネタが多いですが( ˘ω˘)

スポンサーリンク

出来れば1週間以内に書いたほうが良い

ブログネタの賞味期限は1週間、消費期限は1ヶ月かな…多分。

1週間以内であればネタを思いついたときとほぼ同じくらいの熱で記事を書くことが出来ますが、1ヶ月以上経つとほぼ完全に内容を忘れます。

多分同じ記事タイトルであっても中身は完全に別の内容になっているでしょう。

鉄は熱いうちに打てという言葉があるように、ブログは熱い内に書けってことですかね!

今凄くいいこといった気がするけど二番煎じっぽいから強調するのはやめとこう。

調べたら二番煎じどころじゃなかった。みんな書きすぎやろ(^q^)

 

f:id:bumpmania:20161031211801j:plain

 

ブログネタの鮮度を引き伸ばすためには

何とか少しでもブログネタの鮮度を引き伸ばす方法は無いか…と考えた所、1つだけ方法が見つかりました。

多分みんなは『当たり前じゃん…』ってつぶやいてるかもしれないけど、僕にとっては2016年でベスト5くらいに入る画期的な方法だったので、生暖かく見守ってね!

その画期的な方法とは……これだぁ!!

 

f:id:bumpmania:20161031212704j:plain

 

ブログネタを書き溜める際に記事の概要をある程度箇条書しておく!

 

ほら、こうすれば読んだ時に『あ、こんなこと書いてたっけ!』って思い出せるじゃん?だから多少は長い間保存しておいても美味しく書けます。

ちなみにこの方法を導入したとしても1ヶ月後には熱が冷めてるので書く気が起こりません、不思議!

まとめ

勢いに乗って書くことって凄く大切ね、ホント。

みんなも寝かせすぎて何を書けば良いのかわからなくなってるネタって無い?今後は概要書いたりネタを寝かせすぎないようにしようね!ニートとの約束だ!(‘ω‘ )

おわりっ!

スポンサーリンク