にーとのかがみ。

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

にーとのかがみ。

沖縄在住のニートブロガーが沖縄のニートで頂点を取るべく書き綴るブログです。

にーとのかがみ。

Pick Up Entry

心を惹きつけて思い切り締め付けるRPG『ニーアオートマタ』をクリアしました。

心を惹きつけて思い切り締め付けるRPG『ニーアオートマタ』をクリアしました。

※この記事は若干のネタバレ要素があるかもしれません(気にする程度ではないかも)

沖縄では4日遅れの梅雨入りわけですが、ジメジメするし気圧の影響で偏頭痛はヤバいし、真の意味での5月病を体感しているケンヂです。

つい先日友人からおすすめされてプレイすることになったゲーム『ニーアオートマタ』をクリアしました。

 

 

何というか、ゲームを始めてからクリアするまでの感情の揺れ動きが半端じゃなくて疲れたというのが本音のところなんですが、それ以上に面白さが先んじていたし久しぶりに時間を忘れてプレイできたゲームでもあるのでちょっと感想でも書いていきたいと思うよ!

www.youtube.com

控えめに言って凄く面白い

いやー、もうね、語彙力が消失する程度には面白かったです。

ストーリーやバトルが最高だったというよりも、ゲームのシステムが凄く画期的でした。一言でいえば初見プレイが最高に楽しいゲームといったところでしょうか。

後述しますが、ニーアオートマタは周回プレイありきのゲームでして、プレイすればするほど『うわっ!なんだこの展開は!!』と毎度驚かせてくれるし、所々考えさせられるゲームでもありました。

とりあえず人間って不思議だよねというワードが定期的に飛び交うゲームだということを覚えてもらえれば幸いです( ˘ω˘)

アクション・ガンシューティング・横スクロール何でもありなゲーム

ニーアオートマタはアクションRPGという扱いですが、いきなりシューティングゲームが始まったり、横スクロールになったりとひっきりなしにゲームシステムが変わります。

なので、シューティングゲームが苦手な方などはちょっと苦労するかもしれません、だがそれが良い。

実のところ、僕は前作『ニーアレプリカント』をプレイしたことがあるのですが、戦闘が面白くなかったので途中で飽きてしまったという経験があります。

その為ニーアオートマタをプレイするのに少し抵抗がありましたが、今作では戦闘システムがだいぶ改善されていてプレイしやすかったですね。

悪くいえばいろいろな戦闘システムを組み込みすぎて中途半端感がありますが、個人的には非常に楽しめる内容だったと思います。

スポンサーリンク

思わず前作をプレイしたくなるようなストーリー展開

前項で『飽きてしまった』と暴露してしまいましたが、ニーアオートマタをプレイしたあとだと『戦闘は我慢するからストーリーを堪能したい…!』と思う程度に面白いのがニーアオートマタ。

実際の所、オートマタはレプリカントをプレイしていなくても楽しくプレイできるし、レプリカントの歴史だけなら資料アイテムを集めていけば理解することが出来ます。

しかしながら、前作をクリアしている状態でプレイするのとしないのとでは物語への没入感が全然違うと思うんですよね。

PS3を持っていない人はわざわざプレイする必要もないと思いますが、もし持っているならプレイしてみては?
(僕のPS3は去年ジャンクに成り下がったので実況動画を見て我慢することにします)

ちなみに実況動画はこちらがオススメでございます。

www.nicovideo.jp

ドラッグ・オン・ドラグーンはもう二度とプレイしたくないゲームの1つですね( ˘ω˘)グロアエとダンシングベイビーはトラウマ

面白さの真髄は【周回プレイ】にある!

ドラッグ・オン・ドラグーンやニーアレプリカントのどれかをプレイしたことのある方はご存知だと思いますが、このゲームですね、なんと周回プレイ前提のゲームでありますw

途中でダルくなってしまうこともありますが、1度クリアしてしまえばアイテムなどの引き継ぎも出来るしクリアしたサブクエストは一部以外は再度プレイする必要がないので、サクサククリアすることが出来ます。

ただし、3週目からはストーリーや展開がガラリと変わるため、もはや周回と呼んで良いのかもわからなくなりますが…( ˘ω˘)

とりあえずこのゲームはある程度時間を確保した上でプレイするのが一番好ましいプレイ方法ですので、時間がないという人は

  • 休日にガッツリプレイする
  • 睡眠時間を削るってプレイ
  • 有給を取るってプレイ
  • ニートになってプレイ

のいずれかを選択してゲームを楽しむと良いかと思われます。

スポンサーリンク

プレイした感想

ニーアオートマタは、救いのないゲーム(いわゆる鬱ゲー)で心が動くという貴重な体験をさせてくれたゲームだと思います。

ただの鬱ゲーであればプレイ中は何も考えず常に暗い気持ちで粛々とプレイしているのですが、このゲームの場合、各キャラの考えや想いに人間味がありすぎてついつい感情移入してしまうんですよね。

~1・2周目プレイ中~

2Bも9S可愛い…尊い( ˘ω˘)(薄い本期待…)
ストーリーもキレイに終わったしこれはきれいなヨコオワールド

 

~3・4周目プレイ中~

お゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛っ゛!゛!゛
2Bぃぃぃ!!9Sぅぅぅ!!!
なんでこんなに救いがないんだァァァァ!!(´;ω;`)

 

ドラッグ・オン・ドラグーンやニーアレプリカントをプレイしている方はわかると思いますが、制作に関わっているヨコオタロウさんのヨコオワールドは基本的にハッピーエンドなんて無いし、マルチエンディングであっても基本的に鬱エンドで終わっちゃうというエグさ。

その中でも今作は比較的ハッピーエンドに近い終わり方をしたのではないかと思います。(全然ハッピーではないけど)

というか他が酷すぎたから仕方ないね( ˘ω˘)

まとめ

ストーリーに関することをネタバレしてしまうと一気に面白さが半減してしまうので、出来ることなら皆さんには前情報を何も入れない状態でプレイして欲しいですね(毎回言ってる気がする)

できれば他のシリーズもプレイしたほうが良いとは思いますが、鬱ゲーに対して免疫がある人じゃないとプレイを続けるのは難しいかもしれません…。

でもこれだけは言える

 

プレイして損するゲームじゃないぜ!!!

 

おわりっ!