にーとのかがみ。

沖縄に住んでるニートのようなフリーランスがレビューしたり食べ物やお酒のことを書いたりしてます。たまにカスタマイズ記事などもアップしてたり。Wordpressのテーマ紹介もやってます。

にーとのかがみ。

Pick Up Entry

時代を超えてもやっぱりクロノトリガーは面白かったという話

クロノトリガー
参照:CHRONO TRIGGER クロノ・トリガー | SQUARE ENIX

どうも、ケンヂです。

GWも終わってしまったわけですが、皆さんは楽しく過ごせたでしょうか?僕は変わらずスプラトゥーンやDead by Daylightをプレイしつつダラダラしていたわけですが、実は別のゲームも密かにプレイしておりました。

それが今回紹介するゲーム、クロノトリガー。

皆さんご存知の通り名作中の名作で、ファミ通が行ったアンケートでも見事トップに選ばれました。

関連記事 ゲームファン7100人以上が選んだ“平成のゲーム 最高の1本”、第1位は1995年発売の『クロノ・トリガー』に!

まぁある程度偏りはあるかもしれませんが、割と納得のいく結果だと思います(ニーアが3位っていうのはちょっとアレだけど)

このランキングを見た時、久しぶりにクロノトリガーをプレイしたくなったんですよね。最近はスマホでも出てるらしいので調べてみたら、丁度キャンペーン中だったので600円で購入できました、ラッキー。
(現在は通常の価格に戻っています)

クロノ・トリガー (アップグレード版)
クロノ・トリガー (アップグレード版)
開発元:SQUARE ENIX INC
¥1,200
posted withアプリーチ

 

10数年ぶりにやってみたクロノトリガーは当時と変わらず面白かったので、とりあえず感想でも書いていくよ。

Android版のクロノトリガーを購入してみた

先にも書きましたが、僕は今回Android / iPhoneで配信されているクロノトリガー(アップグレード版)を購入しました。

これらの媒体で配信されているバージョンはスーパーファミコンやプレイステーション版とは違い、ニンテンドーDSで発売された追加コンテンツが収録されているバージョンで、スーファミ版にはなかったダンジョンが用意されているとのこと。

実際にプレイしてみると竜の聖域・次元のゆがみといったダンジョンが用意されており、中でも次元のゆがみはストーリーをクリアしないと出現しないダンジョンで、ラスボスよりも強いボスが待ち受けているEXダンジョンとなっています。

ボリュームが増したクロノトリガーが1,200円で購入できるなんて、いい時代になったものですね…( ◜ω◝ )

定期的に割引きセールが行われているようなので、セールを待ってから購入するのもありかも。

操作感やUIについて

スマホ版クロノトリガーの配信直後は操作性が悪すぎてかなり悪評価が目立ったそうですが、現在はアップグレード版が配信されており改善されているようです。

僕は最初からアップグレード版をプレイしたので初期の操作性がわからないので比べられませんが、実際にプレイした所感はこんな感じ。

  1. 操作性に違和感はあるが1時間である程度慣れる
  2. たまにコマンド選択をしくじる
  3. UIはどれも見やすく使いやすい
  4. 1回だけバグった(バグる直前でオートセーブされていたので無問題)

 

といった所。

個人的には操作性に難があるのではと危惧していたのですが、実際にプレイしてみるとそこまでストレスを感じることなくプレイすることができました。

ボス戦でコマンドをミスってしまうのは致命的なミスでしたが(^q^)

指でプレイするよりもタッチペンを使ってプレイしたほうがストレスを感じないかも。

 

ディスプレイが5インチ以下だとゲームしづらいかもしれないですね(僕のスマホは6.3インチなのでそこそこ快適でした)

ストーリーは本当に秀逸だし難易度も絶妙

確か一番最後にプレイしたのは小学生か中学1年くらいの頃だったような気がするのですが、あの頃はストーリーとか深く考えずにただプレイしていました。

それを大人になった今再度プレイすると、キャラクター毎の生い立ちやバックボーンをいちいち考えたりセリフ毎の感情・思考がより鮮明に伝わってくるようになり、あの頃よりも更に深い没入感で楽しむことが出来ました。

最近のゲームは最初からある程度目的が決まっていて、ストーリーを進めていくと本当に倒すべき敵が見えてくるという物が多いです。

そんな中、クロノトリガーは成り行きで冒険が始まるというまさに小説やアニメのようなストーリーで、古いゲームながら逆に新鮮味がありました。

よくよく考えてみるとスーファミのゲームはそういった『ユーザーに想像させて楽しませる』といったゲームが多かったように感じます。

グラフィックが拙い分ユーザー側の想像力に委ねているところがあったのかもしれませんね。

また、クロノトリガーはゲームの難易度も絶妙でした。

ゴリ押しで倒せるボスがほぼいないんですよね、このゲーム。例えば属性攻撃を与えないと倒せない(物理攻撃が通らない)ボスがいたり、特定の属性攻撃を半減または吸収する装備をしていかないと倒しづらい敵がいたりと、とにかく攻略に時間がかかります。

攻略サイトを見れば事前にどういった行動を取れば倒せるかがわかりますが、初見プレイだとほぼ確実に1回はやられてしまいます。

とはいえ、理不尽な強さというわけではなく、レベルデザインがしっかりされている印象。頭捻って考えて、頑張れば倒せるっていうラインで調整されていて凄く良いです。

学生の頃、友達とボスの弱点を探した思い出が蘇ってきてとても懐かしい気持ちに浸れました( ◜ω◝ )

クロノトリガーはグラフィックの壁を乗り越えるほど素敵な作品

最近は2D…というかドット絵のゲームがどんどん隅に追いやられてきており、ライト層への受けがどんどん悪くなってきている印象がありますが、このクロノトリガーは是非ともプレイしてもらいたい作品ですね。

子供の頃に誰もが描いた夢の世界、しかし大人になるにつれ忘れられてしまった世界…そんな子供の心が凝縮されたゲームですよ、これは。

おわりっ!

クロノ・トリガー (アップグレード版)
クロノ・トリガー (アップグレード版)
開発元:SQUARE ENIX INC
¥1,200
posted withアプリーチ