にーとのかがみ。

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

にーとのかがみ。

沖縄在住のニートブロガーが沖縄のニートで頂点を取るべく書き綴るブログです。

にーとのかがみ。

Pick Up Entry

ブロガーとして生きていくということ、プロブロガーとしての定義について考えてみた

f:id:bumpmania:20160805175355j:plain

どうも、沖縄在住ニートブロガーのケンヂ(@neetblogman)です。

今回のテーマ、結構物騒なテーマだと思いません?プロブロガーの定義に切り込むことって結構勇気がいることだと個人的には思っています。

ただ、それを僕は書きたい。つっても、とある方のブログを見て触発されちゃったんですよねw

higashisa.com

このブログの運営者は沖縄県在住の方なんですが、確実に県内ではトップクラス、そして日本でも10%以内には入るであろうブロガーの方だと思っております。

でさ、この人が書いているプロブロガーの定義っていうのが結構切り込んでいる内容なわけですよ。それを読んでなるほどなって思う部分も多々ありました。

納得することも多いと同時に、僕は僕なりに『プロブロガーの定義』って奴に向き合っていかなければならないと痛感したので、今日はそのことについて筆を持ちたいと思う。

ちょーっと長くなるかもしれませんが、良かったら見ていってほしいな。

前置き

プロブロガーの明確な立ち位置については、これまで声を大にして位置づけを提唱した人がいないので、非常に曖昧です。

名乗ろうと思えば誰だってその日からプロブロガーと名乗れてしまう程度には曖昧。

だからこそ、ここで話していることが全てというわけではなくて、プロブロガーを目指しているこの記事を読んだ後で自問自答して欲しい。

スポンサーリンク

まずはお金を稼ぐことが一番大切

まず、ブログを主軸にして生きていくという人が一番意識しなければならないのは

お金。

稼ぐことが出来なければ先のことを考えることなんて出来ません。もしも何かしら仕事をしながらブログを書いているのであれば稼ぐことは二の次でもいいでしょうが、それでも稼ぐことは意識しておいたほうが絶対に良い。

稼ぐことを意識すれば、読まれる記事を書くために試行錯誤し始めるようになるし、物書きとしてのスキルもアップしますから『稼ぐ』という目的がそもそもの原動力となることは間違いありません。

また、ブログをどんなレイアウトにしたほうが使いやすくなるかという事も考えるようになるので、少なからずHTMLやCSSについての知識もつくはず。

ブログを始めたばかりの人は、ひとまず【月に◯万稼ぐ】ということを1つのゴールとしてもいいと思う。

ただ、ここで1つ言っておきたいことがあって、もしもお金だけを稼いでその先のことはどうでもいいやと考えている人は、ブロガーよりもアフィリエイターになることをおすすめする。

稼ぎやすさ、稼ぐ額でいうと間違いなくアフィリエイターのほうが上だから。

まぁ、それでも僕はブロガーとしてやっていきたいからアフィリエイターに転身することは考えてないけど。

未来への種まきも忘れずに

プロブロガーとして活動していきたいなら、ブログを書くだけではなく、いろんな人に会って種まきをする事が大切だと思う。

とにかくいろんな人と会っていると、面白い話がまわってきたりする。例えば僕の場合でいうと、学校の特別講師をすることになったり、とある方と組んでセミナーをするようになったりなった。

一見ブロガーの仕事として離れているような気がするかもしれないが、特別講師もセミナーも、ブログやサイト制作関連の話をしているので、方向性としては特にズレていない。

とにかく色々な方と面識を持つようになり、多方面からビジネス的な話が頂けるようになったりする。

勿論これは、僕が日頃からブログをちゃんと更新して実績を出しているから話を回してもらったわけで、週に2~3記事更新しているだけのエセブロガーだったら絶対に話はまわってこなかったはず。

少なくとも僕はブログはしっかりと更新しながらも、周りの人との交流を大切にする事は大前提としてます。

自分は人間嫌いのコミュ障だから……なんて言っている場合ではない

ブロガーとして活動している人の中には、自分はコミュ障だし引きこもりだから人と会いたくない。という人だっているでしょう。

ブログだけで生活できるくらい稼げている人はそれでも良いかもしれないけど、そうじゃないならそんなことを言っている場合じゃないですよ。

実際、僕も引きこもりでコミュ障だし、予定がなければ絶対に家から出たくないという人間だけれど、僕がブロガーとして生活していくためには【人と会うこと】は避けられないので無理しています。(ブログだけで生きられるようになれば隠居したいところだけどね)

誰に置き換えても言えることですが、基本的に自分が嫌だと思っていること程優先順位を上げて取り組まなければならないことなんですよ。

だから僕は人と会うのが嫌だけど、頭ではやらなきゃいけないことだとわかってるんで、本能に逆らって動いているというわけ。

そうでもしないかぎり、一般人がプロブロガーとして活動していくことなんて出来ませんから。

先のことは記事を書きながら考えればいい、考える事だけは止めたらダメ

ブログを通して自分が何をすべきか、どういった方向性でやっていくかなんて、恐らく殆どの人がわからないと思いますが、それでも良いんです。

まず大切なのは記事を書き続けること。更新し続けることなんです。

ただ気をつけてほしいこととしては、記事の更新ばかりに気がいってしまいこれから先のことを考えられなくなること。

ただ記事を更新し続けるだけだと、ブログの存在意義がわからなくなってしまうので、常に目標を持って進む事を大切にして欲しい。

ん?ニートが目標を語るなんておかしい?ほら、ニートには夢が詰まってるから……(^q^)

自分の生き方と向き合い続ける

ブロガーってさ、基本的に自由な生き物なんですよ。

やろうと思ったことはなんだってできるし、やることなすことをすべて記事として生み出すことが出来る、そんな生き物。

だからこそ、自分の生き方を考え続けないとふわふわと宙に浮いて何処にも行けなくなってしまう。

自分はどんな生き方をしたいのか、何処に向かって走るべきなのか、そういったことを考えながらブログを書き続けることを心がけるべきだと思う。

こんな自由な職業(趣味)なんてそうそうないから、どうせなら楽しまなきゃね。

僕が考えるプロブロガーの定義

僕の最終的な目標、そしてプロブロガーとしての定義。

それは他人からプロブロガーと言われるようになること。

自分でプロブロガーだと名乗るのは簡単だし、名乗り続けていれば周りはプロブロガーと呼んでくれるかもしれないけど、僕はそうしたくないので自分からプロブロガーだと名乗ることは絶対にしない。

この業界、自分がプロブロガーかどうかなんて、他人からプロブロガーだと認識してもらえるかが全てだと思うんですよね。

だからこそ僕は、いずれ周りから『プロブロガー』だと言われるようなるまで、とにかく頑張りたい。

実績もないのに自分でプロブロガーだと名乗るのは、とても悲しいし恥ずかしいし惨めなことだと思うから。

まとめ

考えれば考えるほど、プロブロガーの定義って難しいね。ブログで家族を養えるほど稼いでいる人がプロブロガーだと言えるのかもしれないけど、人によってはそこがゴールではなかったりするし。

でもね、そういったことを考え続けることが出来るのは、スゲー楽しいことだと思うんだよね。

プロブロガーとは一体何なのか?という問題を追求し続けるのも、ブロガーとしての楽しみの1つな気がする。

とりあえず僕は、今日も明日も明後日も記事を書き続けますよ。ただそれだけ。

スポンサーリンク