にーとのかがみ。

沖縄に住んでるニートのようなフリーランスがレビューしたり食べ物やお酒のことを書いたりしてます。たまにカスタマイズ記事などもアップしてたり。Wordpressのテーマ紹介もやってます。

にーとのかがみ。

Pick Up Entry

ポケモンGOを初日にめちゃくちゃやりこんでみた感想とわかったこと

野生のピカチュウ、ゲットでチュウ!!(^q^) #ポケモンgo #沖縄 #本部町

どうも、沖縄在住ニートブロガーのケンヂ(@neetblogman)です。

昨日7月22日はポケモンGOのリリースがありましたね。

僕は寝過ごしてしまい皆さんとは数時間遅れでプレイを始めましたが、ニートならではのパワープレイ(家事・仕事をすべて放棄)をフルに行使して1日遊び倒しました。

というわけで、初日にガッツリやりこんでみた感想と実際にプレイしてみてわかったことについて、今回は記事にしていきます。

2.5次元の世界でポケモンと戯れるのはやはり新鮮!

実際にプレイしてみて感じたことといえばやはりこれ!

ポケモンがカメラの中に居る!!

f:id:bumpmania:20160723015239j:plain

f:id:bumpmania:20160723024250j:plain

カメラを通して映しだした映像にはしっかりとポケモンが居る。

人にもよると思いますが、ポケモンに対して思い入れの強い自分からすれば、かなりの衝撃と嬉しさがありますね。

実をいうと僕は、ポケモンGOのフィールドテスターとして皆さんよりも少し早めにプレイしていたことがあるのですが、実際に正式リリースされてからプレイしてみると、改めて感動してしまいました。

そしてプレイするのに夢中になってしまい、時間を忘れてしまって友達との待ち合わせの時間に遅れそうになったのは内緒w

プレイにはちょっとしたコツが必要

ポケモンGOを実際にプレイしてみてわかったことといえば、普通のポケモンのプレイ方法とは全く違うということ。

また、プレイする際にはちょっとしたコツが必要だということがわかったので、備忘録も兼ねてこちらに書いておきたいと思います。

ジム戦はある程度ポケモンが揃ってから行うべき

僕はポケモンがある程度集まった時点でジム戦を仕掛けましたが、ほとんどのポケモンがボコボコにされました。

ポケモンの強さを表すCPというポイントの意味がよくわからないままに勝負を挑んでしまったので、ある意味当然の結果だったわけですが、とにかくジム戦は最初で行うべきではありません。

ただし、ジムによっては弱いポケモンが配置されている事もあるので、配置されているポケモンの強さをしっかりと見極めたうえで勝負を仕掛ける必要がありそうです。

ポケモンセンターなんてものはないので瀕死に注意!

ジム戦を仕掛けてポケモンが瀕死になると、簡単に回復させることは出来ません。

瀕死のポケモンを回復させるためにはげんきのかけらというアイテムを使用する必要があり、これはポケストップ課金してアイテムを購入するしか入手方法がありません。

ひとつやふたつであれば問題ありませんが、そう多く手に入るアイテムではないので、やはり最初のうちはジム戦を避けた方が良いでしょう。

ちなみに僕は10匹程ボコボコにされたのでまだ全員生き返らせてあげれてません(´;ω;`)

バトルはタップ連打だけでなくスワイプで回避も出来る

ポケモンGOのバトル方式というのは、これまでのポケモンシリーズとは違い技を選ぶという選択肢はありません。

基本的にタップして攻撃を行うか、スワイプして回避をするかのどちらかになるのですが、実は殆どの方がスワイプで回避できるということを知らないという情報が……。

回避しながら攻撃が出来ればかなり有利に戦いを進めることが出来るのですが、実際に戦ってみると攻撃を回避するのには経験とコツが必要なため、最初は中々上手く行きません。

なので、戦うときはしっかりと回避することを意識しながら戦うと少しずつ戦い慣れすると思いますので、コツコツと鍛錬を積みましょう。僕もトラブルを上手く回避できる人間になります。

タマゴはちゃんとふかそうちに入れよう

ポケストップに行くとたまに手に入るタマゴが入手できるんですが、入手しただけでは何の意味もなく、ふかそうちにぶち込まないとタマゴがふかしません。

僕はテスターであったにもかかわらずそのことについて完全に忘れていたため、せっかく歩いた数キロ分の距離を無駄にしてしまいました。。。

武器は装備しないと効果がないように、タマゴもふかそうちに入れないと効果がないので、絶対に覚えておきましょう!

人の少ない奥地に神聖なポケモンがいるとは限らない

一日前の僕

( ˘ω˘)<もしかして人気のない所に行けばレアなポケモン手に入るんじゃね?

というわけでやって来ました。

山にポケモンはいない(戒め) #八重岳 #沖縄 #ポケモンgo

山!!

こちらは沖縄県北部にある八重岳という山なんですが、ここならレアなポケモン出るだろうと思ってわざわざやって来ました。

だがしかし。

レアなポケモン云々の問題ではなく、そもそも電波が入らない。

いや、マジで冗談やろ……せっかくここまで来たのに……。

皆さんも山奥にレアなポケモンが居るという妄想はやめましょう。あくまでも電波の入る場所じゃないとポケモンは出現しません!

収集癖のある人にはこれ以上ない中毒性

実際にポケモンGOをプレイしてみて感じたこととしては、バトルを楽しむよりもポケモンを捕まえることに喜びを感じる【コレクター属性】の方に対してのウケはかなりいいのではないかということ。

歩きまわって捕まえるのはちょっと疲れるかもしれませんが、自分の足で捕まえたポケモンだからこそ、レアポケモンをゲットした時の喜びはひとしおのはず。

一部ファンにはかなり中毒性の高いゲームと言えそうです。

集める以外の楽しみ方がまだよくわからない

個人的な感想なんですが、集める以外の楽しみ方がまだよくわかっていないというのが本音。

ジム戦をするにしてもまだまだ強さが足りないので一方的にボコボコにされますし、効率的に強くするコツについてもまだあまりわかってません。

トレード機能などはこれから実装されるのかもしれませんが、まだまだ行く末は未知数なのかな……というのが純粋な感想。

ただ、まだ初日ですから楽しさを追求していくのはこれからですね、はいw

田舎にはポケモンGOをプレイしている人があまりいない

外国や都心部の方ではかなりのポケモントレーナーが在住している模様ですが、残念ながら沖縄の片田舎にはポケモントレーナーは少ないご様子。

昨日はガッツリ外を出歩きましたが、辛うじて確認できた地元のトレーナーは女性二人組だけでした。

ちょっと声を掛けたかったけど事案になりそうな気がして声を掛けれなかったよ、ヘタレで申し訳なす。

スポンサーリンク

つまり彼女が出来ないかもしれない

地元でほとんどポケモンGOをプレイしている人がいないということはすなわち、外に出ても出会いがない。

出会いがないということはすなわち、彼女が出来ない。

彼女が出来ない!

これは上京するしかないということだろうか。

しかし皆さんお気付きの通り、僕は重度のヘタレ属性を持っている人間なので、出会いがあっても見て見ぬふりをしてしまうでしょうね。

つまりこれは、純粋にポケモンGOを楽しめという神の啓示なのかもしれない!

女の子のことを考える暇があったらミュウツー探しますね、はい!

近くのジムはすべて外国人に占拠されていた

現在のポケモンGOは

外 国 人 無 双

この一言に尽きます。

リリース初日だからジムでも回ってみるか……なんて軽い気持ちでいたら、既にめちゃくちゃ強いポケモンが配置されているという悲しみ。

特に僕の地元には海洋博記念公園(美ら海水族館)があるんですが、そこには既にかなり強いポケモンが配置されていて、配信初日のポケモントレーナーが倒せるはずのないレベルとなっていました。

勿論これは沖縄に限った話ではなく、先日国会議事堂が外国人のポケモンに占拠されるという事態も発生した模様。

pokemongo-soku.com

いやいや無理ぃーwwwこんなの勝てませーんwww

しかしまぁ、まずは外国人無双を打破して日本を奪還する作戦を始めないといけないようだな……。

これぞまさに進撃のGAIJIN

外の暑さを甘く見ていると死ぬ

これはマジで注意して欲しいんですが、外の暑さは半端ない。

暑さ対策を生半可にして出かけると100%熱中症になるので注意。

僕は昨日Tシャツと半ズボンとタオルだけを持って出かけましたが、流石に装備が弱すぎるので30分で帰還。

その後着替えやら塩飴やらを持って再出撃しました。

外で遊び慣れている子供はまだしも、僕のように普段から引きこもっている人やデスクワークを主に行っている人は注意してくださいね。

やっぱり水筒は必須

外に出る時にペットボトルの飲み物を買えばいいかなーとか思ってましたが、すぐにぬるくなってしまうので投げ捨てたくなりました。

やっぱり冷たい飲み物をキープするためには水筒が必要です。

というわけで早速密林さんでサーモスの水筒を購入。

500mlの水筒でも良かったんですが、それだとすぐに無くなってしまいそうなので、少し大きめな奴を買うことにしました。

皆さんも車にGOすることと熱中症だけには気をつけてくださいね!

スポンサーリンク