にーとのかがみ。

沖縄に住んでるニートのようなフリーランスがレビューしたり食べ物やお酒のことを書いたりしてます。たまにカスタマイズ記事などもアップしてたり。Wordpressのテーマ紹介もやってます。

にーとのかがみ。

Pick Up Entry

Fallout76のオープンβ(ベータ)テスト B.E.T.A. に参加して荒廃した世界を堪能してきた!

Fallout76のオープンβ(ベータ)テスト B.E.T.A. に参加して荒廃した目まぐしい世界を堪能してきた!

どうも、ケンヂです。

皆さんは11月15日が何の日かご存知ですか?そう、Fallout76の発売日なんですね〜。

Fallout76の発売に先立って、オープンβテスト『B.E.T.A.』が日本時間10月31日から11月5日までの期間開催されており、そのβテストにいち早く参加してきました!

結論から申しますと…最高に楽しすぎる結果、圧倒的に時間が足りない!!!というのが本音。

1日に4時間~8時間程度しか可動しないということもあり、面白さと物足りなさが相まって禁断症状が出そうです。

今日はそんな神ゲー、Fallout76の魅力を伝えていこうと思うよ!

Fallout76 B.E.T.A.の概要・日程

www.youtube.com

Fall out76 B.E.T.A.はその名の通りβテスト的な位置づけですが、ゲーム内で制限された地域やイベントなどは特にないフルゲーム方式となっています。

Fall out76 B.E.T.A.の開催日程は以下のとおりです。

  1. 2018年10月31日AM8時~AM12時
  2. 2018年11月2日AM3時~AM8時
  3. 2018年11月4日AM6時~AM10時
  4. 2018年11月5日AM3時~AM10時

※記載している時間は日本時間に変換しています

 

まぁね、時間帯を見て貰えばわかると思いますが、会社員だと有給でも取らない限りプレイできません。東部標準時のタイムスケジュールに合わせているので、正直かなり厳しいんですよね…僕はニートなので関係ない…と言いたいところですが、こんな朝早く起きるのはしんどい(白目)

実際にプレイした感想

総合的に見ると非常に短時間のプレイでしたが、振り返ってみると全てを書ききることが出来ないくらい刺激と発見の連続でした。

その中で感じたことについて今日は紹介していければと思います。

ゲーム内で起こる全ての出来事がリアルタイム進行なのでとにかく忙しい

このゲーム、何処にいてもそっと敵が湧いてくるしイベントがひっきりなしに発生するのでとにかく忙しい。

しかもステータスには喉の渇きや空腹といった時間経過とともに減っていくシステムも導入されており、特にスキルも身に着けていない初期状態だとちょっとした移動にもかなり気を使ってしまいます。

最初はクエストをクリアするというよりも、とにかく生き残るために戦うというサバイバル要素が強いかもしれない。

ただ、そういった事に悩まされるのはおそらく序盤だけで、中盤になるとPARK(スキル)も揃ってくるので、すべての事に余裕が出てくるはず。
(ちなみに現状はというと、一分一秒生き延びるために精一杯といった感じ)

TPS / FPSの視点が変えられるしV.A.T.S.の仕様もいい感じ

Fallout76を購入するにあたり、以下の2点について気になっていました。

  1. TPS / FPS視点の切り替えが出来るか
  2. 戦闘サポートシステムV.A.T.S.の仕様について

僕は前作にあたるFallout4からファンになったユーザーなのですが、4ではTPS / FPSの視点切り替えが可能で、V.A.T.S.という戦闘サポートシステムを使って射撃が苦手なユーザーでもある程度簡単に物語を進めることが出来ました。

例に漏れず僕はFPSが苦手で射撃のエイムが全く合わない下手くそプレイヤーなので、この2点がしっかり対応されていなかったらどうしようかとヒヤヒヤしてました…が!

 

ちゃんと対応されてました( ◜ω◝ )ホッ

 

FPS / TPSの視点切り替えは前作でも行うことが出来たので、おそらく今作も問題なく出来るだろうとは予想していましたが、V.A.T.S.の仕様についてはかなり使いづらくなるのでは…?と少々危惧していたのです。

ところがどっこい、いざ蓋を開けてみるとかなりいい感じに仕上がっているじゃないですか。

これまでのV.A.T.S.の仕様としては【敵が止まるorスローモーションになり好きな部位を選択して自動で攻撃する】というものでしたが、今作ではすべての行動がリアルタイムで進行しているため、V.A.T.S.使用時であってもスローモーションになるということはありません。

しかしながら、自動照準による射撃という仕様に関してはしっかりと受け継がれているので、FPS系のゲームが苦手な方でも引き続きとっつきやすくなっています。

前作に比べるとV.A.T.S.を使った行動が慌ただしくなりましたが、これはこれでありですね。エイム力が皆無の僕でもそれなりに戦えそうです( ◜ω◝ )

心強くも憎らしいプレイヤー達と遊ぶのは楽しい

Fallout76は基本的にオンライン専用のタイトルであり、ゲーム内にNPCは存在していません。存在しているのは様々なモンスターと他のプレイヤーのみです。

ひとりでもゲームを楽しむことは出来ますが、イベントを攻略する際には同じ場所に居合わせた他のプレイヤーと協力してクリアすることもあるでしょう。

ひとりではなかなか倒せない敵を他のプレイヤーと協力して倒すのはなんとも言えない達成感がありますし、なんといっても心強いです。

しかしながらこのゲーム、PK(プレイヤーキラー)としての行動を行うことも出来るため、時には襲われることもあるかもしれません…というか普通に襲われます。

かくいう僕も既に襲われた経験があり、見知らぬプレイヤーにいきなり火炎瓶を投げつけられたり、酷いときには外国人のパーティーに襲われそうになることもありました。

 

 

正直最初は驚きましたが、核戦争後の荒廃した世界が舞台となっていますし、これくらいのことは日常茶飯事なんだろうなと妙に納得してしまう自分もいるわけで…w

これくらいシビアな方がこちらとしても楽しくプレイすることが出来るしプレイの幅が広がるので、長く楽しむことができそうですね。

1ワールド24人割当てはとても絶妙なバランスだと思う

Fallout76は1ワールドに24~32人のプレイヤーが自動で割り振りされるようになっており、広大なフィールドに対して非常に少ないプレイヤー数だと思う方も多いはず。

しかしながら、実際にプレイしてみると全くそういった事はなく、むしろ良いバランスで割り振られている印象が強いです。

1ワールドに入るプレイヤーが多いと物資の奪い合いが多発してしまい、本来の目的であるクエスト攻略が滞ってしまう事が増えてしまうのは目に見えてますからね。

出来る限り邪魔されずに探索を楽しみつつ、それでいて他のプレイヤーと交流しようと思えば気軽に出来る。個人的にはこれくらいの人数が一番快適にゲームをプレイできる環境だなと思いました。
(多分50人くらいまでならストレスフリーでゲームを楽しめると思う)

オンラインでありつつ縛りが緩い所に好評価

ソロでオンラインプレイしている人は自由行動が基本ですが、パーティーを組むとなるとひとつのクエスト達成のためにみんなで動くという方式が基本となります。

が、このFallout76の場合は全く縛りがないし、クエストが発生してもみんな思い思いの行動が出来ちゃうフリーダム仕様なんです。

僕が必死にクエストこなして敵を倒してもパーティーメンバーははるか遠くにいる…なんてことはざらで、なんとなくパーティーを組んでいるソロプレイヤーの集まりになってしまうこともしばしば。

それくらいの緩さがちょうどよかったりするんですけどね( ◜ω◝ )

とりあえず僕は、早く良さげな場所にキャンプを作ってみんなと一緒に楽器を演奏したいです(願望)

操作に慣れるほど加速度的に楽しくなる(特にクラフト)

Fallout76は最初こそ目まぐるしく忙しいものの、慣れれば慣れるほどその面白さが加速度的に高まっていく感じがしています。

特にクラフトなどは、中盤に入ると素材もそれなりに手に入るはずなので、それをもとにして様々な建物を建築したり、防衛するためのタレットをおいたりしてまさに "自分だけの秘密基地" を作り上げることが可能なのです。

自分が作ったキャンプに他のユーザーを招待して楽しむのもいいですね。

ただし、今作は核ミサイルを打ち込まれる可能性もあるので、自分が丹精込めて作ったキャンプが壊されてしまうことも時にはあるかもしれません。

そうしたら今度はやり返しに行きましょう!こういった要素もこのゲームの醍醐味です( ◜ω◝ )

Fallout76に今後期待したい事

Fallout76をプレイしていてちょっと物足りないな…と感じたことを、今後の期待を込めて書いていきます。

やっぱりNPCキャラが欲しい

今作は全くNPCキャラがいないのですが、やっぱりNPCが欲しい!

時代背景的にまだグールが街を作ったりレイダー達がいる事がないとはいえ、ゲームに彩りをもたらしてくれるのはやはりNPCだと思うんです。

今後のアップデートで少しずつでも良いからNPCが増えてくれることを僕はそっと祈っています…( ◜ω◝ )

定期的にマップに変化を与えて欲しい

ベセスダの説明ではFallout76のサポートは数年後も続けていくと明言していることもあり、ちょっとしたアップデートなども期待してしまうところ。

個人的には数ヶ月に1度でいいので、マップに変化を与えてくれたら嬉しいですね。

マップ・ダンジョン・クエストを定期的に更新すれば長く遊べるゲームになりますし…何なら様々なコスチュームをDLCとして配信して欲しい。
(多分こういったアップデートは今後あると思うけど)

まとめ

実を言うと勢いでここまで書いたので、まとめることは何も無い。

強いて言うなら僕と一緒にFallout76で遊んで欲しい!!!!!!!!

Fallout76を購入した人は必ず僕に連絡してください、約束だぞ( ◜ω◝ )

おわりっ!